ダイレクトボンディング

Directbonding

ダイレクトボンディングとは?

可能な限り削らないで歯の寿命を延ばす、新しい歯科医療技術の詰まった治療方法です。

みなさんにはこのダイレクトボンディングという治療方法は聞きなれないかもしれません。
それもそのはずで、この治療方法を導入している歯科医院は全国でも少なく、さらにこの治療を積極的に推奨している歯科医院となるとごくわずかです。

「むし歯で悪いところだけを小さく削り、強力な接着材でマイクロフィラーコンポジットレジンと言われる材料を直接きれいに埋める」のがダイレクトボンディングです。
さらに詳しくこの治療方法の特徴を説明するには、以前までのむし歯の治療方法を交えながらお話ししたほうがわかりやすいかと思います。

従来では、むし歯の治療で削って除去した部分を補うために、銀歯やセラミックスなどの人工物である詰め物を作って接着材でつけるのが一般的です。もちろん当院でもそのような治療方法をすることもあります。ただ詰め物はあくまでも人工物ですから歯に自然につかないため、接着材の弱さを補うために、むし歯でなくなってしまった部分よりも多くの健康な歯の部分をある決まった法則(100年以上前に提唱されたG.B.Blackの窩洞形成の原則)にのっとって削り、歯を治すのが歯科治療のスタンダードでした。

しかし、進行した大きなむし歯や、すでに詰め物が入っている歯の再治療にはこの方法が適切かもしれませんが、初期の小さなむし歯や中期のむし歯ではこの方法はより多くの健康な歯を犠牲にするのも事実です。
健康な歯をたくさん残し削らないようにする治療こそが歯の寿命を長く伸ばすことがわかっていますので、ダイレクトボンディングという治療はそのような考え方にマッチした最適な方法です。

セラミックスの詰め物との違い

ダイレクトボンディングセラミックスの詰め物
素材マイクロフィラーコンポジットレジン二ケイ酸リチウムガラスセラミックス
治療回数1回2~3回
一回の治療時間60分40分
治療の際に歯を削る量少ない多い
素材の適合精度

化学的に歯に接着する液体の特殊な接着剤を使用するので厚みが出ないので段差ができづらく精度が高い

歯型を取り模型におこして詰め物を作るので銀歯などの素材よりは圧倒的に精密に作成できるが、粘性のある接着剤でつけるのでダイレクトボンディングよりは劣る

強度経年的に摩耗するリスクあり強い
治療終了時のきれいさきれいよりきれい
着色治療後に経年的に変化治療時と変わらず
摩耗すり減りやすいすり減りにくい
接着強さ

強い(むし歯を削ったあとすぐに直接素材をいれて治療終了となるので削った面が口の中の細菌に暴露され汚れることがないので外れにくい)

強い(ただ、型取りをし製作に1週間前後の時間がかかるためその間に仮の蓋が取れたり、接着を阻害する汚れが歯の内面に付着してしまうリスクがある。)

費用¥20,000~¥60,000

むし歯の大きさと施術難易度により決まりますので、術前にご説明いたします。

(1部位平均¥25,000くらい)
¥77,000
(大きさ、形によらず定額)
適応範囲

狭い(初期むし歯~中等度むし歯)

広い(ほぼすべてのむし歯治療に対応できる)
保障期間3年3年
ダイレクトボンディング イメージ画像

このような症状でお悩みの方におすすめです

  • あまり歯を削りたくない方
  • ご自身の健康な歯の部分を多く残して歯を長持ちさせたい方
  • 治療回数を短くしたい方
  • 治療をしてもすぐにむし歯になってしまう方
  • 銀歯などがはずれやすい方
  • 見た目もきれいに治したい方
精密根管治療 イメージ画像

当院のダイレクトボンディングが選ばれる理由

  • 5.5倍の拡大鏡を使い小さくしか削れない道具でむし歯をとり、健康な歯を削らないようにします
  • 20色以上の素材の中から歯にマッチする色を選び平均4色以上使用しグラデーションを作り治療
  • 素材を付ける際に使用する接着剤も数種類ご用意し、一番適切なものを使用
  • 3年間の保証期間があるので安心
歯周病治療 イメージ画像

施術後の注意点

  • 歯ぎしりや食いしばり、治療以外の歯の形態で摩耗がすすんでいると判断させていただいた時はマウスピースの使用をしていた頂く場合がございます
  • 保証制度をお受けになるためには、歯科医師が指定した時期に定期チェックを受けていただく必要がございます
▲ページトップ